傾聴をマスターするカギ

【傾聴をマスターするカギ】

 

カウンセラーが一番困ることは、やっぱり「聞けない」ということでしょう。

 

傾聴の勉強をして、ロールプレイをしてみる。

 

実際の相談活動を経験し、傾聴しようとする。

 

そこで相手が話し終わったとき・・・言葉が出てこない。

 

返すべき言葉が浮かばない。

 

これが一番困っていることなんですね。

 

返すべき言葉が浮かばない。


だから何か無理やり言葉を並べる。


言葉も浮かばないから、咄嗟に質問を返してしまう。


それでは、相手の訴えを受け止めたことにはなりません。


また、相手も自分の話がきちんと伝わったかが確認できません。



どうしてこういう現象が起きるのでしょうか?


なぜ、返すべき言葉がちゃんと浮かばないのでしょうか?



これにはいくつも考えられる原因があります。


今回はそのいくつかの原因の中から、一つだけ取り上げてみます。


おそらくこれが最も多い原因だといってもいいでしょうね。



それは何かというと、こういうことなんです。


相手の話を聞きながら、次に何を言おうかと考えてしまう。


あるいは、次に言いたいことが浮かび、

それをいつ言おうかという感じで聞いてしまう。


つまり、相手の話とは別のことに意識を取られている。


だから聞くことが出来なくなってしまうんです。



「何を言えばいいのだろう?」「どう返せばいいのだろう?」



これを考え始めた瞬間に、もう聞けなくなっている。


北斗の拳のケンシロウがいたら、こう言います。



「お前はすでに、聞けなくなっている」



冗談はともかく、これが最も多い。


相手の話を聞くときは、全神経を相手の話にフォーカスさせます。


そうでないと聞けなくなるからです。


養成塾でお伝えしている「聞ける」とは、

相手の話を「正確に聞く・聞ける」ということです。


そして正確にとは「一言半句漏らさず」となります。


このレベルで聞くには、全てのエネルギーを投入する必要があります。



「何を言えばいいのだろう?」「どう返せばいいのだろう?」



これを考え始めた瞬間に、聞けなくなります。



また、相手の話を聞いていて、何か言いたいことが浮かび、

それをいつ言おうかと待ち構えている。


こういう状態も、すでに聞けなくなっている状態です。



ちなみに「言いたいこと」と「返すべき言葉」は違います。


言いたいことが浮かんでしまうのと、

返すべき言葉が浮かんでくるのとは、全く違う次元の話になります。



返すべき言葉が浮かんでくるようになるには、

とにかくひたすら話を聞く態勢を整え、維持することです。


そうすれば、自然に「返すべき言葉」が浮かんできます。


「何を言おう?」「どう返そう?」などと考える必要はありません。


ちゃんと聞ければ、勝手に「返すべき言葉」が浮かんできます。


私たちにはそういう感覚や神経が備わっています。


その感覚や神経を、教育・訓練によって引っ張り出してあげればいいわけです。


カウンセリングの能力開発とは、ここの部分のことを言うわけです。


 

※日曜開催を追加しました↓

>>オープンセミナーの詳細はこちら
  

 

カウンセリング90秒「Q&A」

無料版をお試しいただけます。

>>無料版を試してみる 

 

 

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓

 



メールアドレス:

 (必須)
お名前  (必須)