カウンセリングを学んでいる方へ

こんにちは、塾長の鈴木です。

 

 

「妥協する?それとも積み上げる?」


カウンセリングの勉強、とりわけ「聞く力」を養うこと。

その精神は「ひたすら積み上げる」という、その一言に尽きると思います。


カウンセリングの学習に限らないかもしれません。

しかし、養成塾に来られる方たちも含め、
今の学習者を見ていて、最近思うことがあります。

それは、最も大切な学びや訓練を、
途中で放棄する人が実に多いということです。


カウンセリングの学習は、少なくとも相手がいる話です。


誰か大切な人の役に立ちたいとか、
大事な場面で誰かの話をしっかり聞きたい。

将来カウンセラーや心理の仕事をしたい。

相談業務に携わっているので、
よりしっかり援助ができるようになりたい。


こうした学習ニーズがあって、勉強を始めたはずです。

ですから、そうした「誰か」を想定しての学習ですよね。

そこに「妥協」は入り込む余地は、本来はないはずです。


しかし、初めはそんな志で始めた学習ですが、
いつしか「妥協」という要素に委ねてしまう。

今、出来ないことを、いろいろ試行錯誤し、
粘り強く学習や訓練を続けて「積み上げていく」

そういう発想ではなく「今すぐ何とかできること」を選び、
粘り強い学習を放棄してしまう。


何となく「手っ取り早く結果が出そうなこと」にシフトしていく。

こういう傾向が比較的見られるように感じています。


物事、手っ取り早く解決できることは少ないものです。

まして、人間相手の仕事、行いですから、地道な努力は必須でしょう。


何より、地道な努力を何年も続けるという「経験」は、
その人に「深み」を与えてくれるものです。

経験から掴みとった「深み」は、説得力が出ます。


先日、一般の方を集めたセミナーの中で、
参加者が自分の直面した困難を乗り越えた体験を話されました。

仮にAさんとします。

Aさんは、永年、人が怖い等、対人関係に悩んできました。

そこで、カウンセリングなどの取り組みを通して、
「怖さ」を克服して、その物腰も変わっていきました。

その道のりは決して平たんなものではなく、
むしろ「山あり谷あり」の連続でした。

しかし、Aさんはあきらめず、粘り強く克服に努力し、
様々な経験値を積み上げていきました。


すると、もう一人の参加者が、Aさんの体験談に耳を傾けていました。

こちらをCさんとしましょう。

Cさんは、物心ついたころから、自分に自信がなかったといいます。

その悩みを何とか克服したいCさんにとって、
Aさんの話に一筋の光明を感じたのでしょう。。

Aさんの話の要所要所で質問を重ね、とにかく必死なんですね。


Cさんのその姿にも尊いものを感じましたが、
同時に経験からものを言っているAさん。

Aさんには、やはり「説得力」と「深み」がにじみ出ていました。


人間、何を言ったかも大切ですが、
その人そのものからにじみ出るものが大きい。

言葉だけでなく、その人の内面から醸し出される雰囲気。

そうした要素が人に大きな影響を与えていくのだと、
私はその参加者お二人のやり取りを見て、強く感じました。


Aさんが粘り強く積み上げてきたものが、
Cさんに優しく語り掛けている様子が、とても尊い光景に感じられたのです。


私はここに「心のケア」「人間の援助」の根本がある気がします。


今の自分で出来そうなことのみに手をつける。

それはやはり「妥協の産物」だといえます。


今出来なくても、それが将来大事な力となる。

だから、いずれ出来るようになる自分にするために、今は努力する。

後者の発想と取り組み姿勢の方が、やはり将来がある。

AさんとCさんのやり取りを目の当たりにしながら、
私は改めて確信できたのでした。

 

 

>>オープンセミナーの詳細はこちら
  

 

カウンセリング90秒「Q&A」

無料版をお試しいただけます。

>>無料版を試してみる 

 

 

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓

 



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック