2014年

8月

04日

相手の心を動かす応答

こんにちは、塾長の鈴木です。

 

 

「応答技法、その基本」


8月2日に「オープンセミナー」を開催しました。

 

月2~3回のペースで開いていますが、
今回も定員一杯の8名にお越し頂きました。

 

初参加の方や、3年以上通っておられる方まで、
様々なメンバーが揃いました。

 


今回は「長い話の聞き方」がテーマでした。

 

長い話はどう聞けばいいのか?

 

長い話をどのように理解できるのか?

 

そして、長い話を聞いた後、どんな言葉で応じれば良いのか?

応答トレーニングを通して、技巧や知識といった表面的な対処ではなく、
クライエントの心が動く「生きた言葉」の返し方を学びました。

 


長い話を正確に聞き、しっかり理解するためには、
いくつかポイントがあります。

 

話の筋(スジ)の押さえ方、それぞれの内容の整理、
全体として言わんとしていることの押さえ方、
そしてそこに付随している感情・・・・・

 

こうした要素を踏まえて返す言葉を吟味します。

 

今回使用したのは、以前のオープンセミナーで実施した
ロールプレイの録音と逐語記録。

 

6~7分にわたって一気に話された内容に対して、
的を射た適切な応答を皆で考えました。

 

そして、8名の応答を全てシェアし、
一つ一つの応答を私が直接チェックする方式を採用。

 

全員の応答一つ一つをチェックというのは、
今回初めて試みたやり方でした。

 


参加者は、他の参加者の応答にもふれられて、
とても勉強になった、良かったと言ってくれました。

 


応答というのはカウンセリングの要です。

 

表面的な言葉だけを拾って返してもダメですし、
いきなり助言や質問をするというのも不適切。

 

話してくれた内容をまずはしっかりと聞き、
十分な理解を通して相手の心が動く言葉を投げ返す。

 

あくまでもこれが応答技法の基本です。

 


そして、さらに重要なのは、そうした応答を具体的には
どうしたら返すことができるのかということですね。

 

そのために逐語記録や録音記録など、
実際の会話の記録という具体的な素材を使用します。

 


明日の8月5日も「オープンセミナー」を開催します。

 

内容は塾長鈴木のロールプレイです。

 

実際の鈴木のカウンセリングは、

どのような傾聴・共感・応答になっているのか?

 

半分オープンカウンセリングのような内容ですが、
そのロールプレイを録音し、再生記録を皆で解析し、学びます。

 

 

>>オープンセミナーの詳細はこちら
  

 

カウンセリング90秒「Q&A」

無料版をお試しいただけます。

>>無料版を試してみる 

 

 

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓

 



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック