カウンセリングの目に見えない要素

こんにちは、塾長の鈴木です。

 

 

「伝えると伝わる」


カウンセリングの中で、カウンセラーが何かを伝える。

それは言葉であったり、態度であったり・・・・


基本的にカウンセラーはクライエントの話を聞くことに専念します。

クライエントの話を聞いて、その訴えの真意を理解します。

ですから、カウンセラーから何かを伝える場面はあまりありません。


しかし、例外的にカウンセラーから話をする場面もあります。

それは、カウンセリングの流れを立て直すときであったり、
カウンセラーが感じたことを伝える必要があると思ったときです。


率直に何かを伝える。

それによって、クライエントの心の中に建設的な変化が起きる。

あるいは、カウンセリングが一歩進展する。

そう判断されるときには、例外的にカウンセラーが動きを見せます。


そう、これは伝えるという話です。

今回の主たる話は、そうではなく「伝わる」という話です。


カウンセラーが意図する、しないとに関わりなく、伝わってしまうもの。

実は、こうした要素のほうがカウンセリングには影響を与えるものです。


そのカウンセラーがもっている人間性ですね。

あるいはそのカウンセリングに臨む姿勢、心のあり方ですね。


難しいのは、こうしたものは意図せずとも伝わってしまうということです。

しかし、カウンセリングの成否を決定づける要素は、実は、こういうところにあったりします。


カウンセラーから醸し出されるもの、にじみ出るもの。

こうした要素が成否に大きく影響しているわけです。

何よりも、クライエントは、こうした要素を感じとります。

それも半ば無意識に感じていることが多いでしょう。


「このカウンセラーは、何か違う・・・・」


これが信頼できるという感じになるのか。

それとも、違和感という感じになるのか。

これによって信頼感が生まれるか、生まれないかが決まります。


クライエントはカウンセラーの一つ一つの言動だけでなく、
カウンセラーが意図せずに伝わってくるものを感じ取ります。

そうした要素はカウンセラーが普段どんな姿勢でカウンセリングをしてきたか。

そうした「積み重ね」によって決まってきます。

つまり、積み重ねたものはうそをつかないといえますし、
積み重なったものはごまかせないということですね。 

 

 

>>オープンセミナーの詳細はこちら
  

 

カウンセリング90秒「Q&A」

無料版をお試しいただけます。

>>無料版を試してみる 

 

 

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック