正確に聞けるためには

こんにちは、塾長の鈴木です。

 

 
「話を聞いていて、余計な感情が湧いてしまう」


養成塾に参加されるセラピストの方で、
時折、このような問題を話す方がいます。

 

クライエントの話を聞いているうちに、
否定的な見方や感情が出てきてしまうというのです。

 


例えばクライエントの話を聞いてくうちに、途中から

 

「そんな考えだから悩むのに・・・」
「もっとこうした方がいいのに・・」

 

という具合になる場合です。

 

あるいは、何かわからないけどモヤモヤしてきたり、
イライラしたり、落ち着かない感じになる場合です。

 


確かにこういう状態になったということは、
もうその時点でクライエントの話を聞けていない状態です。

 

アドバイスしたくなったり、反論したくなったりというのも
同じような問題だといえます。

 


こうした問題から脱却してレベルアップするためには、
以下の2つを改善する必要があります。


1)自分自身の価値観、捉え方を知る

 

ある話になると否定的な感情がわいてきたり、
落ち着いて聞いていられなくなるというのは、
狭い価値観、偏った価値観に起因している場合があります。

 

あるいは、過去に消化しきれていない経験があり、
それが思い出されて聞けなくなるということも考えられますね。

 

これはスーパーバイザーのカウンセリング(教育分析)を受け、
自分なりに克服していくことが必要になります。

 


2)クライエントの経験の世界にしっかりとフォーカスする

 

クライエントの内面、経験の世界に全神経を集中させ、
そこからその関心をそらさないようにして聞くことです。

 

そのための訓練を継続してしっかりと受けることが必要です。

 


クライエントの言いたいこと、訴えたいことを
出来る限りそのまま理解できるようになること。

 

そのための研修や訓練を積むこと。

 

ここにひたすら注力すれば、こうした問題はクリアできるでしょう。


 

カウンセリング「Q&A」

90秒無料オンライン講座

>>無料版を試してみる 

 

>>オープンセミナーの詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック