看護師も学んでいるカウンセリング講座

こんにちは、塾長の鈴木です。

 

今日は先ほどまで「養成講座:クラス1」の
「カウンセリング概論」の授業を実施していました。

 

先ずはカウンセリングの基本的な理論を学びます。

 

塾生は看護師の方で、過酷な現場での対応について、
深く学び、生かしていきたいという想いで入塾されました。


現在、養成講座では、看護師の方も何人か学ばれています。

 

看護師の皆さんは、時間も多忙であり、
現場での労力も相当なもののはずです。

 

その合間をぬって「養成講座」に通われていることに、
先ずは頭が下がる思いになります。

 


患者さんとのやり取りに、いかに心を込めるか?

 

患者さんを一人の人間として心を通わすには、どんな接し方が良いのか?

 

様々なテーマを決め、この養成塾に学びに来られています。

 


現場で求められるのは、いかに相手の話をしっかり聞けるか?

 

それは患者さんに対してだけでなく、同僚の看護師の方たちや
ドクターに対しても同様だといいます。

 

つまり、ある程度のキャリアをお持ちの
看護師の方が学びに来られているのです。

 


企業研修でもそうなのですが、この養成塾のプログラムは、
ある程度のキャリアを積まれていたり、
ある程度の役職にある方が学ばれています。

 

職場のマネジメントに生かすという観点でも、
この養成塾のプログラムは生かされているようです。

 


ですので、「臨床カウンセラー養成塾」なのですが、
カウンセラーを目指しているわけではない方も学ばれています。

 

それぞれ、自分のお仕事に、或は自分の生活に生かしていきたい。

 

そうした動機で真剣に学ばれています。

 


今の社会で求められる「聞く」という力。

 

本当の意味で求められる「傾聴」とか「理解者」というあり方と存在。

 

そうしたニーズに応えるプログラムとして、
養成塾の授業は機能しているといえるでしょう。

 


 

カウンセリング「Q&A」

90秒無料オンライン講座

>>受講してみる 

 

>>オープンセミナーの詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック