傾聴トレーニングの目的

こんにちは、鈴木です。

 


今日は「養成講座」の「傾聴トレーニング」を行いました。

 

いつものように会話を録音し、その録音記録を再生しながら
その時のやり取りをチェックしていきました。

 


養成塾では予め話す内容を決めません。

 

その場で話したいことを話し手役の方に決めて頂きます。

 

実際に話したいことを話して頂きます。

 


そういう設定ですので、時には非常に深い話が出てきます。

 

その方の仕事の話や実際に経験したこと、悩んでいることだったりします。

 

ですから、聞き方のチェックだけではなく、
話された話について、かなりじっくりと考えます。

 


「傾聴トレーニング」ということではありますが、
話された内容は作り話ではありません。

 

実際にあったこと、実際に考えたり思ったりしたことですから、
毎回その聞き方、受け止め方(理解の仕方)も違います。

 

当然聞き手の対応の仕方(応答)も毎回違います。

 


会話は生き物であり、話しているのもまさに一人の人間。

ですから話の内容や話し方には、その人の「人となり」がにじみ出ます。


そうした「人となり」を聞き手が豊かに感じ、そして受け止める。

そういう聞き方と聞く姿勢を磨くことを目指します。


カウンセリングはある部分ではお互いが心を一つにするものです。

 

カウンセラーとクライエントが心を一つにして
様々な問題について対話を通して一緒に考えていきます。

 

そうした関係を維持するために必要なことの一つとしての傾聴です。

 


ですから機械的な対応であっては目的を十分には果たせないでしょう。

 

オウム返しの連発が通用しない所以です。

 

 

瞬間瞬間での生きた対応をどこまでできるかということになります。


養成塾で行っている「傾聴トレーニング」は、

そこを徹底して訓練していくものです。

 

つまり「生きた対応」ができる「反射神経」を磨くわけです。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック