カウンセリングでの助言の是非

こんにちは、鈴木です。

 

 

「伝えていいの?」

 


カウンセリング、占い、スピリチュアルなど、
様々なセラピーやセッションの中でぶつかる問題があります。

 

それは「伝えていいのか?」という問題です。

 


セラピストなど、相談に乗っている側の中に、
助言などの伝えたいことが出てきたとします。

 

その助言の内容を相談者が知れば、
相談者が抱えている問題の解決に有効だと判断できる。

 

そういう内容の助言が浮かんできたとします。

 


ここで考えなければならないことは、
その助言を伝えた場合、その助言が「生きるか?」ということ。

 

どんなに適切な内容の助言であったとしても、
相談者がそれを生かせる力をもてない状態だったり、
その内容を受け容れられない状態である場合。

 

その場合、まだその助言を伝える段階ではないということになります。

 


しかし、多くのセラピストや相談業務に携わる人たちが、
そのあたりの検討を十分しないうちに助言を伝えてしまっています。

 

その結果、相談者の中では次のような疑問や抵抗が起きたりします。

 


「それが正しいことは知っているけど、それが出来れば苦労しない・・」

 


相談者にしてみれば、その助言が実行できる自分であれば苦労しない。

 

今はその余力がなかったり、受け容れる土壌が出来ていない。

 

だから、いくら「正しいこと」を言われても、実際は困ってしまう。

 


カウンセラーやセラピストは、相談者のこうした葛藤に
どう応えていけるかを問われているんですね。

 


相談者もこちらが助言をして「ありがとうございます」とか、
「わあ、そうだったんですね」という反応は見せます。

 

それは相談者の人柄だったり、こちらへの配慮だったりもします。

 

しかし、そういう反応がその場で見られたとしても、
その後、実際にその助言が「本当の意味で」生かされることは少ないのです。

 


むしろ「この前の助言はどこにいったのだろう?」という感じで、
また相談者が同じ悩みを投げかけてくる場合が多いでしょう。

 

それは相談者の問題というよりも、助言をしたこちら側の問題かもしれません。


相談者にまだ、そうした助言を生かす態勢や力が確立されていない。

 

その段階での助言は、やはり生かせずに終わることになるのです。

 


カウンセリングで「助言は極力しない」という教えがあるのは、
こうした背景がベースにあってのことです。

 

ですから逆に言うと、相談者に助言を生かす力があったり、
カウンセラーとの間に助言を受け容れる関係性があるならば、
こうした助言が生かされる可能性が出てくるわけです。

 


多くのセラピストがこうした判断を十分しないまま、
場合によってはこうした発想もないまま、助言を投げています。

 

しかし、「正しいこと」が、時には人を傷つけることもあるということを、
セラピーや相談業務に携わる方々は、しっかりと認識することも大切です。

 

 

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック