「聞く」の探究

こんにちは、鈴木です。

 

 

先日30日(日)に開催した「体験講座」にご参加下さった
看護師の小野田様の感想をご紹介します。

 

小野田さんはロールプレイで話し手となり、
職場の現状とその想いを、淡々と語ってくださいました。

 

-----------------------------
「聴く」ことの深さ、難しさ、また興味を持ちました。

 

「その方、その方のおっしゃっていることに耳を傾け、
正確に聞いて、理解し、応答していくことは、
こんなに大変なことなのかと実感です。

 

カウンセリングのやりとりをテープでお越し、聴き返し、
ふり返って毎回学び直していくという練習を
積極的にしていってみたいと思います。

 

相手から「相手の言葉を聞かせて頂いている」という
尊重の気持ちが大切だと思います。

 

初めてなので、何回も納得いくまで来てみたいと思います。

 

相手の話を遮ったりすることのないように「聞く」のは
すごく新鮮で難しいです。

 

"間"の取り方もまだよくわかりませんが、
これから学んでいきたいです。

 

お世話になりました。

 

-----------------------------

 

この感想の中で「聞かせて頂いている」という言葉がありますね。

 

傾聴を実践していく上で、この「姿勢」「感覚」は非常に重要です。

 

この「聞かせて頂く」という姿勢や感覚が失われたら、
もはや心を傾けて聴くことはできなくなってしまいます。

 


私はこの「聞かせて頂く」という姿勢と感覚を
小学生とのカウンセリングにおいても貫こうとしました。

 

結果として彼らの深い人間性と経験の世界にふれることができ、
これらの姿勢や感覚の重要性を改めて認識したのです。

 


「聞く」ということを深め、突き詰めていく。

 

こうした探求の先には、実に豊富な学びと発見が待っています。

 

その深め方、突き詰め方をぜひ共に学んでいけたらと思います。


 


 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック