カウンセリング学習の王道?

こんにちは、鈴木です。

 

 

「カウンセリングに王道なし」

 

 

「学問に王道なし」という言葉がありますが、
この言葉はあらゆることに通じる気がします。

 

カウンセリング学習においてもそうですし、
実際の臨床においても同じであると思います。

 


カウンセリングというのは一言でいうと、
どれだけクライエントの状態と状況を正確に把握できるかであり、
そこからどれだけ適切な対応が導き出せるかです。

 

本当にこのことに尽きるといってもいいと思います。

 


では、そのために必要なことって何か?

 


最終的に私がやっているのは「面接の研究」です。

 

そのクライエントとの面接の録音を聴き返し、
問題の理解、状態や状況の把握、そして、
カウンセラーとしての対応一つ一つのチェックですね。

 

これを怠らないという、このことに尽きると思っています。

 


実際に「これは難しいケースだな」と感じる面接については、
その録音記録を納得のいくまで聴き返します。

 


聞き漏らしている箇所はないか?

 

不的確な理解をしている部分はないか?

 

応答などの対応は適切になされているか?

 


こうした事項を徹底的にチェックし、研究する。

 

カウンセリングの成功や臨床の実力向上は、
もう面接記録の研究をひたすら続けるしかないと思っています。

 


養成塾では、この「面接研究」の方法もお伝えし、
実際に授業で公開もしています。

 

また、受講者のケースのスーパービジョンも実施しています。

 

要するに「答えは常に現場にある」ということですね。

 

 

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック