2013年

4月

14日

養成塾の授業のありかた

こんにちは、鈴木です。

 

 

養成塾を立ち上げて、2年と半年がたちます。


2010年の10月にブログを書き始め、勉強会をスタート。

 

年が明けて、2011年の1月から「養成講座」がスタート。

 

それ以来「体験講座」「養成講座」を多くの方が受講されました。

 


これまでの2年半、私は養成塾の授業を通して、
あるテーマを検証してきました。

 

それはまだ検証半ばなのですが、一言でいうと「教育」です。

 

ある理念に基づいた授業のあり方を
養成塾の授業を通して検証しているのです。

 


そしてその授業のあり方を私なりに確立できれば、
今度はそれを学校教育の現場と、企業のマネジメントの現場に
適用できる形にしたいと考えています。

 


養成塾の授業で私がいつも念頭においていること。

 

それは「人が育つ授業」というもの。

 

そのためにある授業のあり方をずっと研究してきました。

 


養成塾ではカウンセリングの技術的な側面がクローズアップされます。

 

それももちろん大切な要素ではありますが、
もっと根本的なものを私は念頭においています。

 

なぜなら、カウンセリングの技術というのは、
その技術を現場で活用する人間の「人間性」が重要になるからです。

 


カウンセリングの技術は、その技術を施す側の
人間性や価値観が問われるものです。

 

だからカウンセリング技術を高めるには、
それ相応の人間性の向上というものがセットになります。

 


私が養成塾の授業で「人が育つ」授業を念頭におくのもそのためなんですね。

そして人が育つ授業のあり方を2年半かけて検証してきました。

 


この検証はまだまだ道半ばにも差し掛かっていません。

 

しかし、さらに新しいカリキュラムの導入を見据え
より確かな検証につなげていくつもりです。

 


近々「養成講座」修了者を集めて、シークレット勉強会を開きます。

 

そこで私が追い求め、学校や企業の現場への導入を念頭においている
授業のあり方を本格的に導入する予定です。

 

おそらく養成講座を修了した塾生ですら、
最初は驚きと戸惑いを覚える授業になると思います。

 


しかし、学校教育、企業教育の現場で十分に機能し、
成果を上げるものであるという確信は既にあります。

 

この確信に確証を携えて学校教育や企業教育に臨むためにも、
先ずは養成塾の授業とその成果をモデルケースにするつもりです。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック