苦難を乗り越えていく意味

こんにちは、鈴木です。

 

  

「苦難の後に語られること」

 

 

カウンセリングは継続して面接を続けて行くわけですが、
その継続の過程で必ずといっていいほど起きることがあります。


そもそもクライエントは
何らかの問題やテーマを抱えて来談されます。

 

しかし、カウンセリングが始まってしばらくすると、
クライエントに新たな問題やアクシデントが起こることがあります。

 

これはカウンセリングが原因で起こるものではなく、
何か困難を克服しようと思う人には
絶妙のタイミングでこうした「苦難」が起きるようです。

 


ここが実に興味深いところです。

 


例えば職場の人間関係で悩んでカウンセリングに来た方が
カウンセリングで精神状態がやや落ち着いた頃に
仕事のアクシデントから人間関係がこじれる経験をする。

 

そういう場合が時々あるわけです。

 

それはまるで、その方が成長するために起きたような
「これを試練と思って乗り越えなさい」と言われているような、
そんなタイミングと内容であるわけです。

 


しかし、ここからが重要です。

 


クライエントはその時点でカウンセリングを続けてきています。

 

そのために、問題に対する受け止め方や対応が
以前とは違って適切になっていることが多く、
そのため、見事にその問題を乗り越えていくのです。

 

物事の捉え方に「思い込み」が消え、
そのまま受け止められるようになっている。

 

いわゆる「ものが見える」ようになっているわけです。

 


対応をみても、数ある選択肢の中から
最も適切だと思われるものを選び出します。

 

ある意味、安心して観ていられる感じです。

 


そして、その問題を乗り越えるときに
カウンセリングで語られる内容。

これはある意味「悟り」に近い内容になるのです。


物事の「捉え方」の変化、その人の「人間観」の変化、
そうしたものが自分の言葉として語られる。

 

そういう時のクライエントの話の内容というのは、
こちらが感心しきりといった感じのものとなります。

 


いったいどちらがカウンセリングを受けているのか?

 

そんな気持ちにすらさせられる
示唆に富んだ深い話を聞かせて頂けるわけです。

 


ここで「強調しておきたいこと」が一つあります。

それは、こうした話は年齢に関係なく出てくるということです。

 

つまり、小学生とカウンセリングした場合。

 

その場合でも、このような示唆に富んだ、いわゆる
「悟り」と思える内容が自分の言葉として語られました。

 


私はここに人間のポテンシャルの素晴らしさ、
困難を乗り越える人間のたくましさのようなものを感じます。

 

そしてまたそこに、絶対的な信頼を寄せることによって
カウンセリングもより良いものになっていくように思います。

 


こうしたカウンセラーとしての経験は
私にとって、人を信頼するという感覚を
よりいっそうしっかりとしたものにしてくれます。

 

今も、そしてこれからもカウンセリング経験から

学ぶものは多いでしょう。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック