豊洲に企業研修の打ち合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、鈴木です。

 

 

昨日は午前中、企業研修の打ち合わせ&営業に行っていました。

 

とある出版社と講師契約を結んでいるので、
出版者の営業の方に同行させて頂きました。

 


先方の企業の人材開発のご担当者との面談。

 

講師として挨拶、そして今年度研修の「総括」をお伝えし、
更には来年度(この4月以降)のお話もさせて頂きました。

 


先方の人材開発担当の方も、多忙なゆえ、
なかなか研修をオブザーブできなかったので、
講師から研修の様子などを聞けてありがたいとのことでした。

 

また、出版社の営業の方も、営業の立場として言うよりも、
講師の立場として、いろいろ言って頂けるとありがたいと・・・・


そういう意味では双方のお役に立てたようで、良かったです。

 


先方は1万人の大所帯で、一部上場もしているIT企業さんです。

 

大きな組織ゆえの課題もあるとのこと。

 


そこで、この養成塾のプログラムを人事考課上の
「必須研修」と位置づけ、来年度からは受講者数を増やし、
開催回数も増やしたいと仰って頂きました。

 

私としてもそのようにご評価頂き、安堵しました。

 


本来はプロセラピスト・カウンセラー専門の講座として
独自に開発したプログラム。

 

企業研修用に多少のアレンジはしましたが、
こうしたプログラムが企業の研修に受け容れられるとは
当初は全く想定していませんでした。

 

そういう意味では教育熱心な企業であるともいえますし、
企業も生き残りをかけて、攻めているな・・とも思いました。

 


今回は講師自身が研修の総括や思ったことをお伝えすることで、
それが自動的に研修のPRにもなりました。

 

私にとっても貴重な経験となりましたし、
正直、実に充実した時間にもなりましたね。

 


この充実感はおそらく、カウンセリングというものを
最先端大手企業に伝える機会になっているからだと思います。

 

そしてそれは、カウンセリングというフィールドを通して、
「人が笑顔になる生き方、こころのあり方」を伝える。

 

そういう機会にもなったからだと思いました。

 


私の中には、私が信じているものがあり、
それを一人でも多くの人に伝えたいと思っていますから、
こうした機会一つはとてもありがたいことだと感じました。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック