言葉に力が宿るとき

こんにちは、鈴木です。

 

 

「言葉に力が宿る」

 


私のブログの記事に対して、よく頂く感想として
「言葉に力を感じる」というものがあります。

 

記事を読み「ある表現にハッとした」とか、
そういう感想も頂きます。

 

養成塾に入塾された方はほぼ全員、
私のブログ記事を読んで決めたといいます。

 


私は他の人の勉強会とか交流会などには、
滅多に足を運ぶことはありません。

 

従って、そういう場で「知り合って」
私の講座に来たという方は稀です。

 

体験講座の参加者は、そのほとんどが「初対面」の方ばかりでした。

 


その方々に参加理由を伺うと、ブログ記事を読み、
その言葉に力を感じたからだとおっしゃいます。

 


私はブログ記事でもメルマガでも、
自分が経験して腹の底に落ちている言葉を中心に書いています。

 

そして、そうして選択した言葉や表現の横には
常に「クライエント」がいます。

 


クライエントと共に問題に取り組み、その経験の中から
これは多くの事例に共通していると感じたこと。

 

そういうものを言葉にし、そういう言葉を中心に
ブログやメルマガを書いています。

 


テキストや本に書いてある事、人から聞いたことを
そのまま右から左に流して書かない。

 

あくまでも、本当の意味で「自分の言葉」にしてから
ブログやメルマガを書いているつもりです。

 

もし、私のブログ記事の言葉に力を感じたとすれば、
そうした言葉を選択しているからかもしれません。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック