隕石とカウンセリング

こんにちは、鈴木です。

 

 

ロシアに飛来した隕石の映像は驚きでした。

 

あれでは「爆撃だ!」と思ってもしょうがないなと思いました。

 

多くの人たちがパニック状態になり、大声を上げたり逃げようとしたり・・・

 


実際に何が起きているのか理解できないとき、
人間はパニックになることがあります。

 

そうした混乱も、状況が理解できれば、対処しようと頭が働き出します。

 


そして、私たちは咄嗟のときに、自分の「地」というものが出ますね。

 

咄嗟の時の反応に、その人の人間性が出る。

 

そういう側面があるともいえます。

 


実はこの咄嗟の判断というものが、カウンセリングには求められるんです。

 


カウンセリングでは、ある意味、何が起きるかわかりません。

 

クライエントが何を話始めるか、どんな態度・反応を示すか、
予めお互いに決めているわけではないからです。

 


もちろんカウンセラーの方から
「今日はこの話をしてください」とはやりません。

 

こちらが方向性を決めてしまうのではなく、
クライエントが話したいことを話したいように話す。

 

その先にクライエントが解決したいと思っている
問題の解決の糸口が見つかるからです。

 


クライエントが話したいことを話したいように話す。

 

ここにカウンセリングの難しさがあります。

 


クライエントが何を話始めるのかとか、
どういう態度を取るのかは、予測がつかない部分があります。

 

急に話が変わったり、黙りこんだり、不機嫌になったり、
泣き出したりすることも珍しくありません。

 

カウンセラーはそうした時に、咄嗟の判断と
咄嗟の対応を常に求められているようなものです。

 


逆にいうとカウンセラーは、咄嗟のときに現れる
自分の内面や人間性、つまり「地」で勝負しているともいえます。

 

そうした深い部分で面接に臨み、対応するには、
常日頃からそうした「反射神経」を磨いておくこと。

 

これがとても重要なことだといえるでしょう。

 


こうした「反射神経」は、テキストを暗記したり、
講義を聞いて「わかった」という程度では磨けません。

 

実際に自分がカウンセリングに臨み、その対応を検討するか、
それに近い疑似的体験学習をすることで磨かれます。


「エンカウンターグループ」「グループカウンセリング」
「ケーススタディー」「ロールプレイ」「教育分析」など。

 

 

こうした実践的な実習や研修を数多く経験していくことで、
「咄嗟の判断と反射神経」が磨かれていくわけですね。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック