カウンセラーが自分の心と向き合うことは大切

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、鈴木です。

 

 

昨日は午後からカウンセリングがありましたが、
午前中は神社へお参りにいってきました。

 

私は目黒の生まれなのですが、今はそこに生家はありません。

その生まれた地の氏神様にお参りに行ってきました。

 


つまり私にとっての産土(うぶすな)神社ですね。

 


神様に手を合わせるとか、トイレ掃除を続けるなど、
私はいくつか習慣にしていることがあります。

 

こうすると仕事運や金運が良くなるということで
習慣化したのが最初でした。

 

 

もちろんそれで運気は着実に上がり続けてはいますが、
私にはこの神社詣でなどに、もう一つの目的をもっています。


それは、神社に足を運び、神様に手を合わせる。

この行為により、心の平穏や落ち着きを得ることです。

 


トイレ掃除を続けているのも同じです。

 

掃除をして便器をピカピカに磨く。

 

そうしている時の何ともいえない心の落ち着き。

 


こうした時間を日々の生活の中に織り込んでいく。

 

それがカウンセリングの仕事には、大変プラスになっています。

 


カウンセラーが心を平穏に保とうとすること。

 

これはカウンセリングを行う時に、とても大事なことです。

 


カウンセラーが落ち着いた心もちと態度で臨むからこそ、
クライエントもそれに刺激され、心の落ち着きを取り戻します。

 


目の前に落ちついた態度のカウンセラーがいること。

 

こちらが大変な話をしているのに、それをどこか落ち着き、
大きな気持ちで安定した態度で聞き続けている。

 

そのカウンセラーの態度にふれ、クライエントは
なんだか大丈夫かもしれないという気持ちになる。

 


そういう意味でカウンセラーが日々、自分の心と向き合うことは、
クライエントの援助にとって、とても大切なことですね。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック