「レ・ミゼラブル」

こんにちは、鈴木です。

 

 

今日は「養成講座」の授業が日程変更となったため、
まとまった時間が空いたので、映画を観に行きました。

 

「レ・ミゼラブル」です。


評判通りの作品であったと思います。

 

最後のシーンでは劇場のあちこちからすすり泣きが聴こえ、
私もただただ涙が止まりませんでした。

 


この作品については、演出がどうだとか、
キャスティングがどうだとか、そういう感想ではなく、
とにかく「最後は涙が止まらなかった作品」と書きたいと思います。

 

そう書くのが、今の自分の心境には
一番ピッタリとする感じです。

 

心の奥深くを揺さぶられた作品でした。

 


長きにわたり支持されてきた作品というのは、
やはり多くの人の心を捉えて離しませんね。

 

人の心の奥深くにふれられる作品は多くないと思いますが、
この「レ・ミゼラブル」は、その数少ない作品だと思います。

 

「慈愛」「慈悲」「許し」「信念」

 

根底にそんなテーマがありそうですね。

 


いやいや、やっぱりこれ以上はやめます。

やはりこの作品は「最後は涙が止まらなかった作品」でした。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック