カウンセリングと教育

こんにちは、鈴木です。

 

 

昨日の午後は、今年最初の「体験講座」を開催しました。

 

テーマは「カウンセリングと教育」でした。


カウンセリングと教育は切っても切り離せない。

 

そういうお話を歴史的な背景や
「カウンセリングマインド」にも絡めてお伝えしました。

 

今回は珍しく授業の半分以上は私の講義としました。

 


「体罰」「いじめ」「学級崩壊」などの問題を通して、
教育現場で失われつつあるもの、立て直しの処方箋。

 

子どもたちへの働きかけで重要なこと、
クラスを立て直すための「学級経営」など、
様々な観点から捉え直していきました。

 


私の経験からお伝えできることを
限られた時間の中でお話したつもりです。

 

具体的な事例も時折交えながらの講義となりました。

 


これからはさらに「教育」「子育て」といった分野に
カウンセリングがいかに必要とされつつあるかについて、
もっとしっかりとお話しする機会を設けたいと思います。


カウンセリング向上のカギは教育にあり、
教育再生のカギもカウンセリングにある。

 

昨日はそうした濃い授業になりました。

  

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック