心理カウンセラー資格について

こんにちは、鈴木です。

 


カウンセラー資格について考えます。

 

心理カウンセリングというのは、知識だけあっても通用しないものです。

 

だから、これだけの知識を覚えられたら取得できるとか、これだけのカリキュラム(時間数)を消化できれば取得できる。

 

そういう資格を取得したとしても、現場では全く通用しないのが現状です。


また、カウンセラーの育成体制についても、日本はとても貧弱です。

 

優れた指導者の元で、適切な実技指導などを十分に経験することができません。


もし、実践的で有益な資格があるとすれば、それは上記のような知識偏重ではない実践重視の適切な指導を継続的に受けられるカリキュラムであれば良いと思います。

 

ただ、私の師はこんな言葉を残しています。


「最終的に我々に資格を与えられる人間がいるとするならば、それはクライエントである」


こうしたことを考えた結果、養成塾では、適切な指導体制を重視した上で、あえて資格を用意していないわけです。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック