カウンセリングスキルアップの肝(きも)

こんにちは、鈴木です。

 


日々、カウンセリングを行なっていて感じること。

 

それは、カウンセリングはとにかく「集中力」が要るということ。


特に「相手の話を正確に聞く」ためには、
「一言半句聞き取る」ほどの集中力が必要となります。


人の話を聞いているとき、おそらく90%以上の人が
途中で注意がそれる瞬間があるはずです。

 

 

これはよほど意識していても、どうしても一瞬でも
相手の話から注意がそれる瞬間が起こります。

 

そしてその瞬間、相手の話の筋がわからなくなったり
微妙な表現や言葉を聞き漏らしていたりします。

 


そうなるともう、相手の話を正確に聞けなくなっているし、
共感的理解のために必要な情報もインプットし損なっています。

 

この集中力こそ、カウンセリングの「肝(きも)」です。


こうした集中力を培うことも、カウンセリングのスキルアップには
欠かせない学習プロセスだといえますね。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック