日常会話とカウンセリングは同じか?

こんにちは、鈴木です。

 


心理カウンセラーという仕事をしていると、
よくきかれる質問というのがあります。

 

最も多い質問としては、
「どうしてカウンセラーになったんですか?」
という質問があります。


これは本当によくきかれます。


私の場合、自分がすごく悩んだり、苦しんだり、
そうした経験から「心理カウンセラーになろう」と
思ったわけではありません。

 

なにかこう、心の深いところで
カウンセラーという職業に関心をもっていた感じです。

 

ですから最近この質問をされると、
上手く答えられなくなってきている自分に気づきます。

 

 


この他、よくきかれる質問としては、
こんな質問もありますね。


「普段の生活でも、カウンセリングの時と同じように
人の話を集中して聞いているのですか?」

 

 

これは半分は「イエス」であり、半分は「ノー」となります。


実際のカウンセリングでは、
私はものすごく集中モードに入ります。

 

全身の神経を「聞く」という一点に集中し、
「針の穴に糸を通す感覚」で聞き取ろうとしています。

 

そのため、これをカウンセリングの面接以外の
普段の生活でもやっていたら、正直、身がもちません(^^;

 


だから普段はもっと気を楽にしてというか、
リラックスして人との会話を楽しんでいます。

 

ただ、カウンセラーとして培った「聞く姿勢」は、
普段の会話の中でも、僅かばかりは作動しているようです。

 

カウンセリングで投入するエネルギーを「100」としたら、
普段の会話は10~20位、少し真剣な話だと
40~50位のエネルギーが働いている感じです。

 


いずれにしても、カウンセリングの集中状態は、
通常のそれとは大きく違います。

 

面接がスタートすると、その集中モードに
パッと切り替わっていく自分がいます。

 


50分間、この集中状態を維持するのは、
なかなか大変なことだなあ・・と、時々思います。

 

ただ、人と真剣に関わっていく仕事なので、
このエネルギーの使い方には、
いつまでもこだわっていきたいと思っています。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック