2012年

12月

13日

「傾聴」についてお答えします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、鈴木です。

 


改めて、「傾聴」ということについて考えてみます。

 

そもそも「傾聴とは何か」と聞かれて、
あなただったらどう答えますか?


「耳を傾けて相手の話を聞くこと」

「十四の心と書くので、そのくらい心から聞くこと」


いろいろな説明の仕方はあろうかと思います。


一般的には講義などでは上記のような
こうした説明を受けることが多いと思います。

 

しかし、これで「ピン」とくるかどうか・・・・

 

 

養成塾では、「傾聴」について、次のようにお伝えしています。


「相手の話を正確に聞く(聞ける)こと」


たったこれだけのことです。

 

 

相手が言いたいことを、言いたい通りに聞くこと。

 

相手の伝えたいことを、伝えたい通りに聞くこと。

 

相手の話を一言半句にわたって正確に聞くこと。


それが「傾聴」だとお伝えしています。

 

 

ただ、こうした「説明」を聞いただけでは、
「傾聴がわかった」ということにはなりませんよね?

 

なぜなら、この説明を聞いて、実際のカウンセリングや会話で
傾聴ができるようになるわけではないからです。


当たり前の話ですね。

 

では、実際に傾聴ができるようになるには、どうすればいいか?

 

 

それは、実際のカウンセリングや会話の中で、
相手の話をどう聞ければ「傾聴できている」といえるのか?

 

ここを理解することが必要になるわけです。

 

 

具体的な例を用いて考えてみましょう。


「子どもに穏やかに接したとき、
ああ今日は満たされた気持ちになったんですよ。

 

いつも自分は満たされたいって必死になってて、
相手にいろいろ求めてきたんだと思うんですけど、
その日はなんか気持ちが楽でした」

 

 

こういう話を聞いた時に、どういう言葉を返せるか。


もちろん、相手の言葉をそのまま繰り返したり、
オウム返しをするんじゃないですよ(笑)

 

「傾聴できている」のであれば、
自分(聞き手)の言葉に置きかえた上で、
適切な言葉を投げ返すことができるはずなんです。

 

 

「自分の言葉?そんな風に勝手に変えていいの?」

 

そう思った方もいるかもしれませんが、
もちろん「勝手に変える」じゃだめですよね。


そうではなく、相手の言いたいことをそのまま受け止め、
その上で相手の言いたいこと、そこにある意味を、
深くしっかりと言語化していく必要があります。

 

 

ちなみに、この告白に対し、私はこんな風に応じました。


「求めてただけの時は満たされなかったのに、
与えたことで、逆に満たされた感じになったんですね」


クライエントのMさんは、

 

「ああ・・そうですね。与えるってそういうことだったんですね。
私は今まで与えるってどういうことかわからなかったんですよ。

そうですね。これが与えるってこと・・・そうだったんだ・・・」


私の応じ方は、そのまま受け止めるよりも
少しだけ、一歩か二歩先へ進んだ対応です。

 

相手の話を通して、
相手が経験したことの「意味」を言語化した格好です。

 

 

これは少し高度な対応の仕方で「明確化」といいます。

 

Mさんは何度も「そうだったんだ・・・」と言いながら、
自分の経験とその意味をかみしめているようでした。

 

 

ここまで検討して初めて「傾聴できているかどうか」が
確認できるわけなんですね。

 

そしてこうしたケース検討を繰り返すことで、
傾聴の力が養われていくわけです。


こうした学習をぜひして頂きたいと思います。

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック