夢がかなうとはどういうことか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、鈴木です。

 

「夢がかなうとは?」

 

 

私は大学を卒業後、実は
 経営コンサルタントの会社に入社したのです。


 その時、コンサルタントになり、
 「企業研修の講師をしたい」という夢があったわけです。
 
ところがその会社を2年で退社、その後、

 ガードマンやトラックの運転手をして家族を養いました。

 

 「企業研修の講師」という夢もいつしか
 忘却の彼方へと消え去っていました。
 
しかし、心理カウンセラーとして独立し、
 カウンセリングの仕事を続けていくうちに、
 本来臨床心理士の資格がなければ出来ないと思っていた
 スクールカウンセラーの仕事をさせて頂けました。
 
そして自分でカウンセリングの講座の講師をし、
 プロカウンセラー養成講座の講師をし、
 ついには昨年から「企業研修の講師」をさせて頂くことに。
 
つまりは大卒当時の夢が

20年越しに叶った格好になったのです。
 
ただこれは「夢は必ずかなう」という話ではない気がします。


 自分の思いをかなえたというか、
 自分の思い通りになったという話でもない気がするんです。
 
そもそもこの紆余曲折の道のりは歩むべくして歩んだもの。


 最初から決まっていた道ではないかと、この頃思うのです。
 
ならばジタバタしてもしょうがない。


 初めから決まっていた道をそのまま歩む。
 
そう思うと「平常心」で生きられるような気がします。


 目の前の道を淡々と歩く。

 

 ただそれだけでもいいのかもしれません。
 
自分がもし必要とされるのなら、
 引き続き「企業研修の講師」の仕事を頂けるでしょうし、
 必要とされなくなれば、その仕事もなくなるでしょう。
 
そういう運命というか、人生のシナリオに従う。
 そういう考え方も面白いと思う今日この頃なのです。

 

 

 

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック