企業研修とカウンセリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、鈴木です。

 

 

「企業研修とカウンセリング」

 

 

先日かんき出版主催の公開講座、

「かんきビジネス道場」という

企業向け研修を実施しました。 

 

かんき出版さんとは、2年前からのご縁で、

私は著書をもっていないにもかかわらず

講師として登壇させて頂いています。

 

タイトルは、

 

「相手の心を動かす会話術レベルアップセミナー」

 

というものです。

 

このタイトルが結構好評のようで、

多くの方にご参加頂いています。

 

 

しかしこの講座、内容はというと

この養成塾の授業とほぼ同じもの。

 

応答演習や傾聴トレーニングを

企業研修に採用した格好になっています。

 

しかも、毎回「おもしろい」「とても勉強になった」

「丁寧な指導で良かった」と好評を頂いています。

 

 

今回も10名の方にご参加頂き、

5名ずつ、2グループに分かれてもらい、

グループワーク等も実施。

 

ロープレも時折笑いが起きるという感じで進行。

 

受講された皆さん、楽しみながらも深い学びや

今までになかった気づきを得られたようです。

 

 

今回は進行上、私の中ではやや反省点があり、

講座終了後に一人反省会もしました。

 

そして次回の講座に向けて改善点も練りました。

 

 

その次回、11月22日実施については、

参加者はすでに今回の10名に達し、

最終的には15名までいくかもしれないとのこと。

 

「鈴木先生、先方企業さんから電話で、

参加人数、もっと増えてもいいですか?

と問い合わせがありました」

 

かんき出版の担当者さんからそう言われ、

私の方からは、もちろん大丈夫ですと返答しました。

 

 

この講座、当初の予定よりも大幅に参加者が増え、

立て続けに追加開催の運びとなりました。

 

養成塾で実施しているプログラムが

こうした形で注目され始めていることは、

私としても興味深いことです。

 

また、現役の心理カウンセラーが

こうした企業研修の講師をするというのは

ちょっと珍しいことかもしれません。

 

私の師匠も、企業研修まではやりませんでした。

 

 

しかし、企業のメンタルヘルス改善には

カウンセリングのメソッドが欠かせません。

 

なぜなら、メンタルヘルス問題のほとんどが

職場の人間関係に端を発しているからです。

 

カウンセリングのメソッドは

高度なコミュニケーションスキルです。

 

確かに業務上、組織上、経営上の問題も背景にありますが、

私はクオリティーの高いコミュニケーションができれば

人間関係の問題もかなり解決が見込めるとみています。

 

 

そういう意味で、カウンセリングメソッドを

この養成塾を起点に社会に浸透させていく。

 

その一翼を担えればという思いもあります。

 

 

また、養成塾自体も、熱心な塾生によって

その評価を高め、学びの輪も広がってきています。

 

高度で深い内容を学ぶので、その学習の輪も

急拡大ではなく「ジワジワ」とですが、

着実な拡がりを感じています。

 

養成塾では毎月「体験講座」を開催しており、

本格的なカウンセリングスキル修得のための授業を

多くの方に実際に体験して頂いており、好評です。

 

もしよろしければ、今月、そして来月の「体験講座」で

あなたの参加をお待ちしています。

 

>>体験講座の詳細はこちら

 

追伸:

「養成塾」では、カウンセリングについて迷ったとき、
困った時の指針になるメルマガを配信しています。


●バックナンバー<1>

●バックナンバー<2>

 

プロのカウンセラーの「傾聴」「共感的理解」などのスキルから
心穏やかな生き方、心を通わす術(すべ)のヒントまで、
「深いい話」と読者にも好評です。↓↓↓



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

ここからも登録できます。

 

 

「養成講座」の資料は
>>ここをクリック