「問題解決から人間性を磨く時代に」メルマガ第88回:2013年1月1日

こんにちは、鈴木です。
メルマガを開封して頂き、ありがとうございます。

 

 

2014年がスタートしましたね。

養成塾も4年目に入り、新たな方向性を模索しています。

このメルマガを長きにわたり購読してくださっている方、
登録されたばかりの方、今年もどうぞよろしくお願い致します。


皆さん、それぞれの年越しをされたことと思います。

私は例年通り、夜中に近所の神社に初詣に参りました。

毎月1日の日にお参りをしているので、いつもと同じ気持ちで参ってきました。


もちろん個人的なお願いごとなどはしません。

これまでと今への感謝を伝え、自分の今後の(仕事での)決意表明と、
世の中の全ての人の心の平安を祈ってきました。


さて、2014年はいったいどんな年になるでしょうか?

世間では「心の時代」と言われて久しいですね。

ですが、今年以降ますますその「心」を問われる時代になっていくことでしょう。


先ず私が以前からお伝えしていること。

「優秀さよりも誠実さ」と「カリスマ性よりも人間性」ということ。

こうした要素が更に求められる時代になっていくと思います。


一人一人が自分の生きる姿勢と人間性を高める必要性が出てきますね。

そういう姿勢と努力が、益々求められる時代に移行していくと考えています。

つまり、ただ苦痛やストレスを解消するとか、心を癒すだけでなく、
さらにそこから自分自身を高めていくことが必要になるでしょう。


目の前の問題に対処し、解決するだけでなく、そこから自分の器を大きくする。

問題を成長の機会にいかに変えていけるかということですね。


自分自身が人として成長することで、周囲を照らしていく生き方。

目の前の困難や問題を成長の機会だと捉える姿勢。

そういう生き方が必要とされる時代に入っていくでしょう。


私個人の話としては、これまでやってきた仕事に、
新しい方向性を見出していこうと思っています。


これまで心理カウンセリングと教育相談を行い、カウンセリング講座を行い、
養成塾でプロを養成し、企業研修で働く人たちをサポートしてきました。


上記に加え、看護師や介護職従事者へのバックアップを考えています。

具体的にはターミナルケア(終末期医療)と介護利用者への関わり方。

この2点を中心に、カウンセリングのスキルやあり方を活かしていくことです。


また、更には「幸せな生き方」を皆さんと一緒に考えていきます。

そのためのセミナーを昨秋からスタートさせ、受講者から大きな反響を得ています。


私自身もこれらを成就すべく、自分自身を高める努力を続けていくつもりです。

 


    

※このメルマガを購読されたい方は下記よりご登録ください。↓

 

 

メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

 >>オープンセミナーの詳細はこちら