「エンカウンターグループ(ベーシック、非構成)」メルマガ第62回:2013年2月26日

こんにちは、鈴木です。
メルマガを開封して頂き、ありがとうございます。

 

 

カウンセリングの勉強に行き詰っていませんか?


カウンセリングを学ぶ、もしくはマスターするということは、
知識を頭に入れるということではありません。

もちろん、相手の言葉をオウム返しして成り立つような
機械的で底の浅いものでもありません。


相手の言葉を通して相手の経験の世界を感じ、理解し、
そこで自分の人間性や感受性をフルに働かせて対応する。

同時にその先にある豊かな人間関係や心の世界にふれる
その喜びの大きさもまた、なかなかあるものではありません。

人間関係の機微やその奥の深さを実感できたときの喜びこそ、
私が8年以上にわたってこの仕事にまい進できた要因だといえます。


こういう世界で豊かな仕事ができるかどうかは、
そのための土台を築けるかにかかっています。

底の浅い、頭だけを使うワークや
方法論を学ぶセミナーでは、そうした土台は獲得できません。


では、どうすればいいのか?


「自由な場」に自分の"身"と"こころ"をおくことです。

禁止や制約のない自由な人間関係に心を開放してあげることです。


ありのままの自分を素直に表現し、相手のメッセージをありのままに感じる。

日常生活ではなかなか経験できない空間に自分の"身"と"こころ"を置くことです。


これを究極まで突き詰めたワークショップが、エンカウンターグループです。

全く自由なグループ関係の中で、不自由な自分自身を解放していく。


何を話してもいい。黙っていてもいい。

キーワードは「自由」です。

こうしたグループ体験によって、潜在能力が開発され、
同時にカウンセリングに必要な土台が啓発されていきます。


そのエンカウンターグループを、3月26日(火)に開催します。


私も師匠がファシリテーターを務めるエンカウンターには、何度も参加しました。

そして、カウンセリングの土台養成や自己開発はもちろんのこと、
師匠のファシリテーションそのものを徹底的に学び取ろうとしました。

これは後々、非常に大きな財産となったのです。


カウンセリングに必要な感受性や人間性、その土台作りとして、
深い自己啓発を目的の方にも、うってつけのグループセッションです。

 


   

※このメルマガを購読されたい方は下記よりご登録ください。↓

 

 

メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

 >>オープンセミナーの詳細はこちら