「プロのカウンセリングはここが違います」メルマガ第60回2013年1月19日

こんにちは、鈴木です。
メルマガを開封して頂き、ありがとうございます。

 

 

「同じ言葉を聞いているのに・・・・」


プロのカウンセラーと一般の人の違いはなにか?

それは話の理解の深さにあります。


例えばAさんがある話をしました。

聞き手としてBさん、そしてCカウンセラーがいます。

その時、同じAさんの話しを聞いたにもかかわらず、
BさんとCカウンセラーとでは、その理解が違う。


もっというと、Bさんでは理解できなかった部分までも、
Cカウンセラーは理解ができている。

同じ言葉、同じ表現を同じように聞いているにもかかわらず、
Bさんにはわからなかったことが、Cカウンセラーにはわかる。

これがプロと一般の人との違いです。


同じ日本語を聞いているにもかかわらず、なぜこんな現象が起きるのか?

先の両者は、音声として発せられる言葉は、同じ言葉を聞いています。

しかし、その言葉の「意味するところ」や、その表現を選択した「気持ち」
話されている内容や出来事の「背景として想定できること」などなど・・・


こうした要素の一つ一つを、プロは瞬時に把握します。

そしてその把握されていることの「精度」が高いことも必要。


「この言葉(表現)の解釈の仕方は、3通り考えられる」

そういう場面に遭遇したとき、プロはそのうちから
正解を選び出す精度が高いわけです。

こうした能力を開発していくことが、カウンセリングの学習です。


ロールプレイ演習での会話を録音し、その録音を再生しなら検討する。

この学習によって、こうした能力を高めることが可能になります。 

 


   

※このメルマガを購読されたい方は下記よりご登録ください。↓

 

 

メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

 >>オープンセミナーの詳細はこちら