「カウンセリングで自己を知る」メルマガ第57回:2013年1月1日

こんにちは、鈴木です。
メルマガを開封して頂き、ありがとうございます。

 

 

 今年もよろしくお願い致します。


昨年は養成塾も、2年目としては
充実した講座運営が出来たと思います。

「聞く」「共感する」というテーマを深堀して、
ある意味「妥協することなく」追及しようとしてきました。

その思いに、それこそ「共感」してくださった方々が、
「塾生」になってくださり、充実した一年でした。


今年は「鈴木式カウンセリング道場」がスタートします。

これは「養成講座」を修了された塾生の皆さんが、
さらにレベルの高い徹底したカウンセリング学習を
希望されたことで生まれたものです。

従って今年から養成塾は「体験講座」「養成講座」
そして「道場」の3本を核に動いていくことになります。


カウンセリングを学ぶということは、自己を知る、自己と向き合うことです。

そして自己と向き合うとは、自己の「とらわれ」から
自分自身を解き放つことによって、より自由に生きることです。

自由に生きることができれば、自分のすることの一つ一つを
そして人間関係を、もっと充実させることができます。


カウンセリングを学ぶということは
単に心の苦しみやストレスを解消するものにとどまらず、
私たちの「人間的な成長」を促してくれるものです。

自分が「成長」していくこと、自分自身についての「気づき」や
「学び」が経験できるところに、この学習の面白さや喜びがあります。


今年も妥協することなく、その面白さや喜びを
どこまでも追及できたらと思っております。

今年も養成塾をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 


   

※このメルマガを購読されたい方は下記よりご登録ください。↓

 

 

メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

 >>オープンセミナーの詳細はこちら