「ロールプレイの模範実演」メルマガ第23回:2011年11月17日

こんにちは、鈴木です。
メルマガを開封して頂き、ありがとうございます。

 

 

「鈴木のロープレ実演を公開」

 

 

12月1日(木)に「傾聴ロールプレイ徹底演習」を開催します。
今回は鈴木の「模範実演」を行うことにしました。


これまでは、参加者同士の演習が中心。

 

それぞれ「話し手」と「聞き手」に分かれ、
1対1でロールプレイを行いましたが、
今回は鈴木が聞き手になる回を用意します。


養成塾のロールプレイは、最もご要望の多い講座。


録音による「一言一句」レベルの検討が反響を呼んでいるようです。


ロールプレイはやってみるとわかりますが、
これがなかなか難しいものです。

 

中には「ロールプレイだけやってもダメなのでは?」とか、
「本番と実践は違うので、練習にならないのでは?」と思う人もいるようです。


しかし、練習で満足に出来ない人が、
本番で果たしてしっかりと出来るものなのでしょうか?

 

ロールプレイで出来ない事は、
本番では先ず出来ないと思ってもいいでしょう。

 

練習で出来ない事は、実践ではできません。


逆にいえば、日常で「つい」やってしまっていることや
「無意識に」やってしまっていることは、
ロールプレイでも必ずやってしまいます。

 

そういう意味では、ロールプレイの演習は、
自分の弱点を克服する絶好の機会となるのです。


私はこのロールプレイの訓練をあきらめずに粘り強く続ければ
実力が確実にアップできると信じています。

 

 

※このメルマガを購読されたい方は下記よりご登録ください。↓

 



メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

>>体験講座の詳細はこちら