「どうすれば聞く力は伸びるのか?」メルマガ第109回:2014年7月29日

こんにちは、鈴木です。
メルマガを開封して頂き、ありがとうございます。

 

 

「なぜ聞く力は伸びるのか?」


養成塾では「養成講座」というマンツーマンの講座があります。

実践で本当に必要なカウンセリング論、そして応答の仕方、
傾聴のスキル、事例検討によるケースの捉え方など・・・

面接技法からケース全体の見立て方、カウンセラーのあり方など、
カウンセリングを実践的、総合的に学ぶ講座です。

受講者は入門者からプロまで、年齢も30代前半から60代まで、
それこそ幅広い方が受講されています。

時間も合計で60時間を超える集中講座です。


先日も、そのカリキュラムの一つ「カウンセリング概論」を実施しました。

養成講座の理論学習は、どこにもない実践的なものです。

単にテキストを読むだけではありません。

理論は知識として入れるだけでは、全く役に立たないからです。

そこに書かれていること、一つ一つをしっかり読み取り、
十分に理解ができるまで、何度も読み返します。

ですから、3行の文章を読むのに、1時間かかるときもあります。

しかし、こうした丹念な読み取り学習をすることで、
カウンセリングの聞く力(傾聴)や理解する力(共感能力)が
チャック実にレベルアップしていくんです。

これは実際に体験してみないとわからないかもしれません。

ですが、そこに書いてあること、言わんとしていることを正確に読み、
しっかりと理解して、それを自分の言葉で説明する。

こうした訓練を続けると、自分の能力が開発されていくことを
身体で、そして感覚で実感できるようになります。


塾生は「今まで、一つの文章をここまでじっくりと
時間をかけて読み込んだことはありませんでした」と言います。


文章はもちろん日本語です(笑)

書いてあることも、難解でちんぷんかんぷんか?

いえ、全くそうではなく、一読してだいたい理解できるレベルです。

なのに、自分の言葉で説明しようとした途端、
その自分の言葉や説明が出てこなくなる。

無理に出そうとすると、同じ言葉をなぞって言うだけだったり、
ものすごく大雑把な説明に終始する。

なぜか?

自分の言葉にできるには、そこに書かれてあることを
本当にしっかりと理解できなければならないからです。

浅い理解、中途半端な理解では、自分の言葉で説明できない。

わかったつもりになっていても、自分で伝えなおそうとすると、
途端にわかっていないという事実に直面する。


実は、これこそがカウンセリングや傾聴を試みたときに
多くの人たちがぶつかる「壁」なんですね。


つまり、相手の話を聞いた後に言葉が出てこなくなるのは、
正確に聞けていない、しっかりと理解もできていないためなんです。

言葉が出ないといって、言葉の出し方だけいじってもダメんんですね。

そうじゃなく、正確に聞けてるか?しっかり理解できているか?

ここをきちんと再検討することがスタートなんです。


そしてもっと大事なことは、この検討が適切にできるということ。

検討がちゃんとできる指導者に指導を仰ぐことです。


受講生にしてみれば、目の前の文章や相手の話を読み、聞いている。

ところが、同じ話を読み、聞いているのに、
指導者にしか読み取れない、聞き取れない要素があります。

そして、受講生が逆立ちしても理解できないことを、
指導者は瞬時に理解でき、完成された自分の言葉に置き換えられる。

こういう環境でカウンセリングを学べば、
傾聴力・共感能力はある時、飛躍的に向上していきます。


カウンセリングのスキル向上は、スポーツと似ています。

新しいことを学んだとして、それですぐには再現できません。

しかし、繰り返しトレーニングをすることで、
ある時、再現できる感覚がマスターできていることに気づきます。

この感覚が自分のものにさえできれば、
他の人たちがどうしても聞けない、理解できないことが
聞けるようになり、理解もできるようになります。

どうしても言葉が出てこなくなるという状態から、
考えなくても自然と適切な言葉が出てきます。


共感的理解は、意識して、考えて捻り出すものではありません。

共感的理解は、無意識に、直感的に成り立ってしまうものです。

そのためには、そういう能力レベルになればいい・・ということですね。


追伸:
こうした能力開発のためのトレーニングに特化した
グループコンサルティングを開催する予定です。

養成講座は個別(マンツーマン)指導がメインですが、
こちらはグループ学習によるレベルアップ集中講座です。

主な内容は

・徹底した事例検討
・実践的な傾聴トレーニング
・実践的な応答トレーニング
・グループカウンセリング(テーマあり)

今のところ、1日4時間×4日を予定しています。

近日中にブログやメルマガで募集いたしますので、
しまらくお待ちください。



    
           

※このメルマガを購読されたい方は下記よりご登録ください。↓

 

 

メールアドレス:

(必須)
お名前 (必須)

 

 

 >>オープンセミナーの詳細はこちら